05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
大学新入生に薦める101冊の本―Book guide
大学新入生に薦める101冊の本―Book guide (JUGEMレビュー »)
広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト
RECOMMEND
RECOMMEND
現代の財務管理
現代の財務管理 (JUGEMレビュー »)
榊原 茂樹, 新井 富雄, 菊池 誠一
RECOMMEND
RECOMMEND
企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践
企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践 (JUGEMレビュー »)
トム コープランド, ジャック ミュリン, ティム コラー, マッキンゼーアンドカンパニー, Tom Copeland, Jack Murrin, Tim Koller, マッキンゼーコーポレートファイナンスグループ
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< PRESIDENT(プレジデント) | top | 自宅にいながら『本・CD・』が売れますよ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
花火行ってきました。
自前の写真です、花火撮るのって難しい。。2004/08/28撮った日本の花火
「わぁ、きれい!」これが花火の感動の原点であり、楽しみの全てといっても過言ではないでしょう。 ご存じのように花火は火薬で作られています。現在ではその殆どは化学合成による化学薬品です。花火は夜空で化合物の燃焼が行われているものです。ところがもし花火が、火薬の燃焼つまり化学現象によって生まれる単純な爆発音や閃光だけのものなら、最初はびっくりしても、人の心に感動を残すことは無かったでしょう。花火が人を感動させるのは、音や光の強さだけでなく、「美しさ」を同時にもっていたからです。美の追求に花火師が没頭してきた結果、日本の花火は比類無き「美しさ」を手にしました。火薬が燃焼するだけの化学反応から芸術になったのです。


花火行ってきました。
地元の1時間半位の花火大会でした。
長良川の花火大会と比べると、物足りさも(見たことがある人には)あるかもしれませんが、、けど。
とても、楽しめました。
きちんと座って見れたのは30分位でしたが、とても良かったです。
「日本の花火」
にて、
花火大会って夏だけのものではないのですね。
3月、4月とか、にも開催されているみたいです。
近場の大会には、機会があれば参加してみたいです。
観客としてw
来年は、尺玉を見に行きたい。

人気blog集めてます
norikun | 日記 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 00:14 | - | - |
Comment









Trackback
URL:
火薬火薬(かやく:英)や爆薬(ばくやく:英)とは、熱や衝撃などにより急激な燃焼反応をおこす物質(爆発物)のことを指す。火薬と爆薬の分類方法には色々な種類があるが、火薬類取締法上では「推進的爆発の用途に供せられるもの」を火薬、「破壊的爆発の用途に供せら
化学物質いろいろ,2007/05/27 1:12 AM